PICK UP ITEM バックナンバー

  • スナップオン 全自動カーエアコンサービスステーション
    PSPPS134PRO

    ○今週のピックアップアイテムは、車のエアコンに関するさまざまな作業がこれ1台で完結。さらにハイブリッド車にも対応。(PAG&POE兼用)スナップオン 全自動カーエアコンサービスステーションのご紹介です。

    ガス回収、ガス再生、真空引き、ガス漏れチェック、添加剤注入、コンプレッサオイル注入、ガス圧力表示&圧力調整(ガス補充、抜取)、ガス充填(5g単位)、他社には無いエアコン配管洗浄(オイルフラッシングキットが必要です)がこれ1台で完結します。

    本州で大人気のPSPPS134PROが、札幌初のプロショップ「オートサービスNaKa」さんに導入されました。

    オートサービスNaKaホームページ
    http://www.naka-co.jp/

    今回はどうしてPSPPS134PRO人気があるのか?そして必要なのか?について取り上げたいと思います。

    先ずは、エアコンの簡単な仕組みについて説明致します。
    コンプレッサで圧縮され、高温高圧になった冷媒ガスがコンデンサーで冷やされ、レシーバ―でごみ等を除去された冷媒ガスがエキスパンションバルブ(膨張弁)で気化(噴射)される事により気化熱を奪い冷風が生まれます。
    噴射されたガスは、圧力が下がりコンプレッサで再度圧縮されるというサイクルで巡回しています。

    @冷媒ガスの汚れ!
    冷媒ガスは、エアコンサイクル内を毎分6回も巡回し、液体から気体・高温高圧の液体から低温低圧に変化をサイクル内で5回も変化し循環しています。134a冷媒ガスと潤滑油の特性上吸水性が大きく、過酷な環境で使用され酸化が進みやすく、不凝縮ガスは水分等不純物の発生も高いので、冷媒ガス劣化が早くトラブルも多い。

    結果、定期的なメンテナンスが必要になっていきます。

    (冷媒ガス134aエアコンガスは大気中の湿気(水分)と加水分解しやすい事から、非常に汚れやすい特性で、水分と吸着すると酸が生まれ内部の機関を腐食させていきます)

    参考数値
    普通の車両は30,000ppmくらい汚れていて、新品ガス100ppmであることから、ガスが吸湿性がある為にオイルが酸化している事がわかります。
    よって、ガスを補充するだけでは改善できません!


    PSPPS134PROは25ppmで新品ガスより4倍きれいに再生する事ができます(他社にない高純度再生!!)ので、エアコン機関保護と純度が上がる事によるエアコンの性能の効率が向上します。

    A冷媒ガスはエアコン機関が正常でも微弱ながらも漏れていきます。
    製造メーカーもジョイントを少なくしたり、コンプレッサのシールを改良したりして、リークを最大限少なくしてますが、少量でも漏れていきます。
    冷媒ガスが少なくなると、どうなるのでしょうか?

    冷媒ガスは潤滑油が混じり合いながらサイクル内を循環する事により潤滑しているので、コンプレッサやエキスパンションバルブ(膨張弁)が焼きついたり、摩耗したり動きが悪くなってエアコンの効きが悪くなっていきます。長期に渡ってこの状態で使用すると、コンプレッサやエキスパンションバルブ(膨張弁)などの機関を破損させます。(高額な修理代が掛かります)

    よって、定期的なメンテナンスをする事により、エアコン機関を痛めずに長く安心して使用する事ができる様になります。

    Bエアコンシステムの複雑化!
    可変容量コンプレッサ、電動コンプレッサ登場!!

    アイドリングストップ車やハイブリット車の復旧により効率的に! 可変容量コンプレッサは圧力等エアコンの状態により、適切な圧力にコントロールしています。

    冷媒ガスが少なく成っても、可変容量エアコンコンプレッサが圧力を上げエアコンは効きますが、ガスが少なく成り過ぎるとコンプレッサに負担を掛ける事により、コンプレッサの故障や燃費の低下につながります。また、ゲージによる圧力診断が難しく、冷媒の量の適切判断が出来なくなってます。

    ですから、普段エアコンが効いていても定期的に冷媒ガス量をチェックし規定量を充填する事が、メンテナンス上非常に必要に成っていきます。

    PSPPS134PROは回路残量補正機能と流速制御により、充填計量誤差±5g以内に抑え、高精度な充填が手軽に行える機構を備えています。冷媒ガスを回収して適切なガス量を注入する事により、重大な故障を未然に防ぐ事が出来ます。

    電動コンプレッサ(インバーター付き)への移行!!
    ハイブリット車、電気自動車の復旧により、エネルギー消費効率の向上、軽量化、車内の快適性から、電動コンプレッサの移行が進んできています。

    インバーターは家庭用のエアコンと同じく、温度によって回転数をあげて快適性(エアコンの効き)を上げていますので、冷媒ガスが少ないとより多く回す必要があります。多く回すということは、無駄にエネルギーを使用するので、結果エンジン始動時間が長くなり燃費が悪くなります。

    また、電気コンプレッサの為、以前のオイル(PAG)が通電性がある為に使えなくなり、絶縁特性をもつオイル(POE)が採用される様になりました。

    このPOE は 電気絶縁性が高く,電動コンプレッサの用に,コンプレッサ内部に高電圧部品がある時には必ず使う。水分を吸収しやすく,加水分解しやすい特性を持っています。(粘度指数が小さい)

    (加水分解とは)
    水の作用による化合物の分解反応の起こりにくさを示す尺度として加水分解安定性があります。一般に加水分解安定性が悪いと分解反応物が油に不溶となって分離したり、腐食性を示す場合があります。通常、鉱油系は安定しており、水の作用により分解生成物を発生することはありませんが、吸水しやすく水分と化合しやすい冷媒には向きません。


    一方、エステル系合成油であるPOEが加水分解を起こすと、脂肪酸を分離してポリオールを生成します。ポリオールは油溶性ではないのでスラッジとして油中に沈殿したり、配管を閉塞(へいそく)させる原因になります。

    よって、HVEVは高純度再生能力(他社製には無い)PSPPS134PROで定期的なガスクリーニングはエアコン機関の保護、燃費向上に効果があります。

    驚異の回収/再生能力で回収した冷媒ガスを 99.97%まで高められます!

    エアコンガス中には、通常2%前後含まれるオイル分が、PSPPS134PROを通すことにより25ppm(当社測定値:1ppm=100万分 の1)に低減されます。

    従来型(ベルト駆動)コンプレッサに使用されているオイルで耐加水分解性があり、電気絶縁性は持っていない。

    POE(ポリオールエステル)
    電動コンプレッサに採用されているオイルで耐加水性分解性はないが、電気絶縁性に優れている。

    ■PSPPS134PROにおけるポイント

    @エアコンに関わるトラブルを未然に防ぐ事が出来ます。

    ■他社製には無い!高純度再生能力!
    驚異の回収/再生能力!回収した冷媒ガスを
    99.97%まで高められます!

    エアコンガス中には、通常2%前後含まれるオイル分が、PSPPS134PROを通すことにより25ppm(当社測定値:1ppm=100万分 の1)に低減されます。

    従って、回収されたエアコンガス(PAGが含まれているエアコンガス or POEが含まれているエアコンガス)も問題なく新しいエアコンガスとして無駄無く再利用し、従来のガス交換より多くのメリットが得られます。

    A特許取得の内部自己クリーニング(ホースクリーニング)機能でEV/HV車にも対応!
    コンプレッサのオイルに『POE』を指定している車は電動コンプレッサを使っており、よりシビアなガス交換が求められます。
    従って, 店舗では従来機と『
    POE専用機』の2台を保有するか、POE車両は作業をお断りするか外部サービスに委託している実情がありました。
    PSPPS134PROはホースクリーニング機構を装備しているので、オイルの変更も簡単に行う事が出来ます。
    またコンプレッサオイルはPOE、 PAG共にボトルとケミカル缶タイプのものが利用できる構造です。

    B車両エアコン配管内のオイルフラッシング機能!「サイクル洗浄」と「バックリターン洗浄」の2種類のモード搭載!
    再生した冷媒を使い、車両の症状に応じて車両回路内を1方向から回路内に流す「循環型洗浄モード(サイクル洗浄)」と両ホースから充填と回収を繰り返す「反復洗浄モード(バックリターン洗浄)」の2つのモードを搭載しています。

    Cエアコンチェックの圧力チェックも確実に点検出来ます。
    アクセルワイヤーで適性なエンジン回転数に合わせながら、気温、高圧側、低圧側の各圧力を自動測定してデジタル表示。

    Dコンプレッサのロック時の洗浄も可能!!
    また、オプションのフラッシングキットを利用すれば、コンプレッサ交換の際に配管の洗浄も可能になります。


    ○HV/EV & ガソリン車、ディーゼル車にも対応!

    ■極めて正確な充填が行える機構!
    回路残量補正機能と流速制御により、充填計量誤差
    ±5g以内に抑え、高精度な充填が手軽に行える機構を備えています。

    ★こんな方におすすめ★




    PSPPS134PRO、エアコンステーションと一般的なガスチャージの違いを解りやすく表記します。
    最後のまとめ!
    一昔まえは、カーエアコンは効かなくなったらガスチャージ的なのが一般的でしたが、時代も進化し可変容量コンプレッサや電動コンプレッサなどが登場し、ガス量の点検サイトグラスが無く成ってしまい、正確な補充が出来なくなってきました。

    また冷媒ガスの量も以前より少なくなって、冷媒ガスが過酷な環境下で仕事をしています。(ガスの汚れ、オイルの劣化)

    一部の自動車メーカーも着目し、PSPPS134PROが導入されています。
    レースの(ルマン)世界でもPSPPS134PROが使われています。
    時代の変化とともに複雑化したエアコンの定期的なメンテナンスが必要となってきました。


    オートサービスNaKaでは以下のサービスが可能です。
    ホームページhttp://www.naka-co.jp/

    スノコ製エフェクター
    〇スノコ製エフェクターも導入しますので、ご希望の方は別途入れることもできます。



    オイルフラッシングキット
    〇このオプションのフラッシングキットで、車両のエアコン配管内を
    2種類の方式で完全洗浄することが出来ます。


    全国のPSPPS134の施工店一覧
    施工店一覧LINKはこちらから

    『スナップオン伊賀のホームページを見たよ』で、導入記念スペシャルプライスで施工して頂けますので、ぜひお問い合わせください!

    詳しくはツールズショップ伊賀までご連絡ください。


  • Copy right [C] Tools Shop Iga
    ALL RIGHTS RESERVED

    Powered by AK DESIGN STUDIO